エクセルで印刷範囲を設定し、1ページに収めよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エクセルで印刷範囲を設定し、1ページに収めよう!

印刷範囲の設定は大事ですよね。

印刷範囲をちゃんと設定していないと、2ページ目にも少しだけ印刷されてしまう。本当は1ページだけに収めたいのに。

これって、つまり、印刷のやり直し。

あなたも、このように、印刷のやり直しの経験はありませんか?

ご安心してください。この経験は誰しもが通ります。設定の仕方が分かっていなかっただけのこと。

 

 印刷範囲の設定のサンプル図

今回は、サンプル図の表を基に、印刷範囲の設定(1ページ設定)をしていきます。(※もし、あなたも同時進行で、印刷範囲の設定をしていきたい場合は、あなたが作ったエクセルを「別名保存」し、練習のつもりで一緒に進んでいきましょう。)

それでは順番に、印刷範囲を設定する方法を確認していきましょう。

 

目次

 

Step1.1ページ内に表示したい範囲を選択する

 1ページ内に表示したい範囲を選択

印刷で1ページ内に表示したい範囲を選択していきましょう。

左クリックを押しながらドラッグすると、範囲が指定できますね。

図のように、選択できればOKです。

 

Step2.[印刷範囲の設定]をクリックする

 [印刷範囲の設定]をクリック

選択したまま、[印刷範囲の設定]をクリックします。

[ページレイアウト]→[印刷範囲]→[印刷範囲の設定]にありますね。見つけることができましたか?

 選択した範囲が点線に変更

[印刷範囲の設定]をクリックすると、先ほど選択した範囲が「点線」に変わりましたね。微妙な変化ですが、設定したことが分かることでしょう。

 

Step3.[ページ設定]をクリックする

 [ページ設定]をクリック

次に[ページ設定]をクリックします。

[ページレイアウト]タブの[ページ設定]の横に、小さな窓がありますね。その窓をクリックしましょう。

 

Step4.[次のページ数に合わせて印刷]を設定する

 [次のページ数に合わせて印刷]を設定

[ページ設定]のウィンドウが新しく表示されましたね。この中の設定を変更していきます。

変える場所は1か所だけ。「拡大縮小印刷」の変更です。

図のように、クリックして[次のページ数に合わせて印刷]を選択状態にし、「横1×縦1」と数字を入力しましょう。これだけでOKです。

あなたも、「拡大縮小印刷」の変更は完了しましたか?完了できたら、[OK]ボタンをクリックしましょう。

 

印刷範囲の設定が完成!

 印刷範囲の設定が完成!

印刷プレビューを確認してみましょう。

選択した範囲を、ちゃんと1ページ内に収まりましたね。もちろん、これで完成です。

あなたの印刷プレビューはいかがでしたか?ちゃんと1ページ内に収まりましたか?

 

まとめ

印刷したら、「2ページになって印刷されてしまった!」というのも、今回の設定方法で改善できますね。

もちろん、縮小して1ページにまとめるので、文字などが小さくなることも考えられます。その点も注意して、設定していきましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン教室 アニッシュインターネットスクールの特徴

パソコン操作がうまくできずに悩んでいる方は、まだまだ多いことでしょう。あなたも思ったように操作できずに、悩んでいるかもしれませんね。


アニッシュインターネットスクールは、東京都墨田区で15年以上続く、パソコン教室です。その長期間で得た知識や経験で、生徒さんのたくさんの悩みや相談事を解決しています。


1時間1,000円の低料金も含めて、あなたの身近な味方になれば嬉しいです。



詳細はこちらから

SNSでもご購読できます。