エクセルで縦書きにする設定方法とは?簡単な2ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エクセルで縦書きにする設定方法とは?簡単な2ステップ

「このエクセルを、特にこの部分のセルだけを縦書きにできないのかなぁ。」

エクセルの表やグラフを使えるようになると、必然的に感じること。それが、縦書き設定ですね。

横書きだと違和感があり、縦書きにして、見やすいエクセルにしていきたいという気持ちが生じてきますね。

この気持ちはとても大事なこと。簡単で分かりやすい資料を作るのは良いことですね。

では、エクセルでの縦書きは、どうやって設定していくのか?その設定方法をご紹介していきます。

 

目次

 

エクセルでの縦書き設定は、たったの2ステップ!

エクセルでの縦書き設定は、とても簡単。たったの2ステップで設定することができます。

何回も練習をすれば、あなたも数十秒で縦書きにすることができることでしょう。焦らず、ゆっくりと見ていきましょう。

 エクセルでの縦書き設定サンプル図

今回は、サンプル図の表を基に、エクセルの縦書き設定をしていきます。(※もし、あなたも同時進行で、をしていきたい場合は、あなたが作ったエクセルを「別名保存」し、練習のつもりで一緒に進んでいきましょう。)

それでは順番に、エクセルの縦書き設定を確認していきましょう。

 

Step1.セルの書式設定をクリックする

セルの書式設定をクリックする

あなたがエクセルで縦書き設定したいセルはどこですか?

まず、そのセルを選択していきます。今回の例では、表を全て選択しました。

そうしたら、そのままマウスで右クリックをし、[セルの書式設定]をクリックしましょう。

すると、新しくウィンドウが表示されます。あなたのエクセルでも表示されましたか?表示されたら、次のステップに進みましょう。

 

Step2.配置の[文字列]を縦にする

配置の[文字列]を縦にする

先ほど表示されたウィンドウの編集をしていきます。

[配置]タブの中にある[方向]で、縦書き表示されている「文字列」がありますね。その「文字列」をクリックしましょう。

そして、図のように、そのまま[OK]ボタンをクリックします。

 

エクセルの縦書き設定が完成!

エクセルの縦書き設定が完成

クリックすると、ステップ1で選択していたセルが縦書きになりましたね。あなたのエクセルでも、ちゃんと縦書きになりましたか?

これでエクセルの縦書き設定が完成です。

あとは、エクセル表が見やすくなるように、セルの横縦の幅を広げてみたり、文字の大きさを変えてあげましょう。

今回の例では、図のようなエクセル表になっています。

 

まとめ

縦書き設定も使い方によって、エクセルを見やすくすることができますね。

もちろんこれは、誰かに、簡単で分かりやすいように見せるためのエクセルスキル。ただし、全部を縦書きにしてしまうと逆に見にくいエクセルになりがちなので、必要なときに、必要な分だけ、縦書き設定をしていきましょう。

さて、もう一度、エクセルの縦書き設定方法を振り返ってみると、

  1. セルの書式設定をクリック
  2. 配置の[文字列]を縦に

この2ステップでエクセルでの縦書きができましたね。

設定自体はとても簡単なので、難なくクリアできます。

でも、やはり問題なのは、縦書きを使うセル。そのセルを見分けて、見やすいエクセルを作っていきましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン教室 アニッシュインターネットスクールの特徴

パソコン操作がうまくできずに悩んでいる方は、まだまだ多いことでしょう。あなたも思ったように操作できずに、悩んでいるかもしれませんね。


アニッシュインターネットスクールは、東京都墨田区で15年以上続く、パソコン教室です。その長期間で得た知識や経験で、生徒さんのたくさんの悩みや相談事を解決しています。


1時間1,000円の低料金も含めて、あなたの身近な味方になれば嬉しいです。



詳細はこちらから

SNSでもご購読できます。