これで解決!ワード目次の作り方と更新方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
これで解決!ワード目次の作り方と更新方法

ワードで絶対に知っておきたい機能の1つ。それは、目次を簡単に作れること。

目次をキーボードで入力するのは大変です。目次が多ければ多いほど、大変さは増しますね。

それなら、便利なワード機能を使って、簡単に目次を作っていきましょう。

 

ワード目次の作り方と更新方法

今回は、サンプル図の文章を基に、ワード目次の作り方と更新方法をご紹介していきます。(※もし、あなたも同時進行で、ワード目次の作り方と更新方法に取り組んでいきたい場合は、あなたが作ったワードを「別名保存」し、練習のつもりで一緒に進んでいきましょう。)

それでは順番に、ワード目次の作り方と更新方法を確認していきましょう。

 

目次

 

Step1.目次で表示する見出しを設定しよう!

目次を作るために大事なこと。それは見出しを設定すること。

ワード文書の中で、メインの見出しとサブの見出しをそれぞれ設定し、その見出しを基に目次を作成していきます。

まずは、見出しを設定する方法を見ていきましょう。

見出し1を選択しよう

 目次で表示する見出しを設定

あなたがメインの見出しとして設定したい文章はどこですか?

図のように、まずはその文を選択し、そのままメニュータブ[ホーム]→[見出し1]をクリックしましょう。

すると、先ほど選択した文の横に、「・」が付いたのがわかりますね。

これでメインの見出し設定が完了です。他にもメインの見出し設定したい文章があれば、その文章も設定しましょう。

見出し2を選択しよう

 目次で表示する見出しを設定

次に、サブの見出し設定をしていきます。設定方法は、メインの見出し設定と同じ。

図のように、文を選択し、そのままメニュータブ[ホーム]→[見出し2]をクリックしましょう。[見出し2]なので、気をつけてくださいね。

もちろん、他にも、サブ見出し設定をしたい箇所があることでしょう。その文章も設定しましょう。

目次で表示する見出し設定が完了!

 目次で表示する見出し設定が完了!

さて、メインの見出しとサブの見出し設定がそれぞれ完了しました。

図のように、それぞれの見出しに、「・」が付いた状態で次のステップに進みましょう。

Step2.目次を表示しよう!

先ほど作った見出しを基に、目次を表示させましょう。

目次を表示したい箇所を選択し、「目次」をクリックする

 目次を表示したい箇所を選択し、「目次」をクリックする

目次表示をしたい場所はどこですか?

まずは、図のように、その場所にカーソルを合わせましょう。それができたら、メニュータブ[参考資料]→[目次]をクリックします。

「自動作成の目次1」をクリックする

 「自動作成の目次1」をクリックする

[目次]をクリックすると、図のように、一覧が表示されましたね。今回は、その中にある「自動作成の目次1」をクリックしましょう。

これで、目次の表示設定が完了です。

「目次」の一覧の中には、他の目次もあります。今回は「自動作成の目次1」を利用しましたが、他の目次も慣れてきたら使ってみてください。

ワード目次の作り方が完成!

 ワード目次の作り方が完成!

それでは、ワード文書を見てみましょう。完成図のように、自動的に目次が完成していますね。

もちろん、それぞれの見出しをクリックすると、その見出しにリンクしてくれます。とても便利になりましたね。

目次の更新をしよう!

 目次の更新をしよう!

目次を削除したり、追加することがありますね。そのときは当然、目次も変更しないといけませんよね。

その場合は、まずは表示されている目次を選択しましょう。すると、上部に図のような「目次の更新」が表示されるので、これをクリックします。

あとは、目次が自動的に更新。これで問題解決です。

 

まとめ

目次があると、どこに何があるのか?がわかりやすくなります。

その目次も、見出し1や見出し2、もっと言えば見出し3などを設定することで、簡単に作ることができました。

ワードスキルは他にもまだまだたくさんあります。どんどんと習得し、効率よくワードを使っていきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン教室 アニッシュインターネットスクールの特徴

パソコン操作がうまくできずに悩んでいる方は、まだまだ多いことでしょう。あなたも思ったように操作できずに、悩んでいるかもしれませんね。


アニッシュインターネットスクールは、東京都墨田区で15年以上続く、パソコン教室です。その長期間で得た知識や経験で、生徒さんのたくさんの悩みや相談事を解決しています。


1時間1,000円の低料金も含めて、あなたの身近な味方になれば嬉しいです。



詳細はこちらから

SNSでもご購読できます。