ワードでページを削除するには?空白のページが印刷表示されるあなたへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページを削除する方法とは?

空白のページがあることで困ること。それはやはり、印刷するとき。勝手に用紙が吸い込まれ、手間が増えてしまいますね。

印刷したとしても空白のページだから何も表示されません。しかし、毎回のように勝手にコピー機に用紙が入っていくのは、良い気分がしないもの。もちろん、コピー機に用紙が入れば、紙が詰まるリスクも高まります。やはり、空白のページは避けたいものですね。

もちろん、多くの方も、削除したいと思っています。でも、削除できない・・・。あなたも例外ではないかもしれません。

そのように削除できずに悩むあなたへ。たった2ステップでできる、最終ページの削除方法です。

(※ページを入れ替えることで問題が解決する場合は、ワードでページを入れ替えるのは易しい!2通りの基本方法をご覧くださいね。)

目次

 

サンプルのような空白ページを削除しよう

さてこれから、空白のページを削除する方法をご紹介します。

今回は分かりやすいように、図のような簡単なサンプルを用意しました。

空白のページを削除します

このサンプルを基に、空白ページを削除していきます。あなたももし空白ページを削除したいワード文書が手元にあれば、一度、別名で保存し、一緒に空白ページを削除していきましょう。

ちなみに、削除するステップは、2ステップのみです。それでは、順番に確認していきましょう。

Step1.段落の右端をクリックしよう

先頭行を選択し、段落の右端をクリック

あなたが削除したいページはどのページですか?

まずは、そのページの先頭にカーソルを合わせましょう。マウスで空白のページを選択すると、自動的に先頭にカーソルが合いますね。

そうしたら、そのまま上部メニュー「段落」の右端にあるボタンをクリックしましょう。すると、「段落」ウィンドウが新しく表示されます。

 

Step2.行間の固定値を1に設定しよう

行間を固定値にし、値を「1」に

さて、「段落」ウィンドウが新しく表示されましたか?

次に、その中にある[行間]を「固定値」に変更し、[間隔]に「 1 」を入力しましょう。入力が完了したら、[OK]ボタンをクリックします。

最終ページ削除の完成!

ワードで行うページ削除の完成!

すると、行間が狭まったことで、最終ページが削除されます。サンプル図では、2ページありましたが、1ページのみになりましたね。

あなたのワードでも、ページがちゃんと削除されましたか?されていれば、完成です。

まとめ

印刷するときに悩んでしまう、空白のページ。文字は削除できたとしても、ページだけ残ってしまうことは、良くあることですね。

さて、ここでもう一度、ページを削除するステップを振り返ってみると、

  1. 段落の右端をクリック
  2. 行間の固定値を1に設定

この2ステップで、あなたが作ったワード文書も最終ページが削除されていることでしょう。

確かに、他にも空白ページを削除する方法はありますね。でも、今回の方法が一番手順が少なく、簡単に削除できます。もちろん、今後もワードを使う機会が多いと思うので、便利に使っていくためにも覚えておくと得になることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン教室 アニッシュインターネットスクールの特徴

パソコン操作がうまくできずに悩んでいる方は、まだまだ多いことでしょう。あなたも思ったように操作できずに、悩んでいるかもしれませんね。


アニッシュインターネットスクールは、東京都墨田区で15年以上続く、パソコン教室です。その長期間で得た知識や経験で、生徒さんのたくさんの悩みや相談事を解決しています。


1時間1,000円の低料金も含めて、あなたの身近な味方になれば嬉しいです。



詳細はこちらから

SNSでもご購読できます。